読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつだけど成人していいですか。

うつ状態からのサバイバル演習(仮)

うつはひとつのキャリア

はじめに

 

前の記事に書いたこと

  1. 周りの人に頼る
  2. 自分のことを周知する
  3. とりあえず話す

 

utsudakedo.hatenablog.com

 

長々と書きましたがここまで前書きです。

前書きって何?

 

ごちゃごちゃ書いてしまったが、私はこれら↑を指標にすることでこの1週間生き延びている。
動き始めると案外上手くいく。環境を変えれば、周りに恵まれる。

私はこの1週間、他人によって生かされた。

哲学的に言えば経験論者のわたしは信じていなかったことであるが、縁は大事である。


うつ状態が小康状態も含めかれこれ6年ほど続いたことはわたくしの1つのキャリアである。

これを馬鹿にされる筋合いはない。

1つの企業に6年勤めたと思えば、立派であろう。
これが大学1年で良かった。まだ成人前である。

 

これを読んでいらっしゃる方の中にも年上の方がいるであろう。馬鹿にする気はないと申し上げたい。
今気付けて良かった。そう思うことが誰にもあると思う。

少なくともわたくしは、生きててよかった。

生きることを、つらくても何度も選択してきてくれたこれまでの6年の自分に感謝したい。

 

うつは個性である

うつを経験した者として、思ったことを発表していきたいし、これから生きようともがく様子もありのまま話したい。

だいたい、メンヘラってなんだよ。こっちはサバイバルやってんだぞ。

 

バイバル演習のひとつの攻略として適当に廊下の掲示板あたりに掲示しておこう。

掲示板は好きな人が好きな時に覗けるし。

攻略法なんて合ってたり間違ってたりする。ゲームをバグらせる方法もデマだったりするし。

うつが個性といえる世の中になれば生きやすくていいなと思うから、うつをよく分からない人にも見てもらえるよう、誰でも通る廊下に掲示しておこう。

そう思ってわたくしはこれからも生きていく。

 

時折また死にたくなったら、ここに書いた自分の教訓を思い出して生きていく覚悟だ。

 

明日はみんなが生きやすい世の中になりますように。